南の島のフィニッシングスクール

西大学院の知的な旅第14回は中国福建省福州市と厦門を訪ねます。

その昔、沖縄が琉球王国だった頃中国との交易や冊封使の往来の拠点となった福建省。

今回は久米崇聖会理事長と福建省人民政府僑務弁公室公認-日本沖縄福建同郷会会長にお世話いただき、琉球料理のルーツを探ると題して旅を企画しました。西大学院卒業生、料理教室の受講生・修了生の皆様等で興味のある方はご連絡ください。資料をお届けいたします。

fukken_tabi14.jpg