南の島のフィニッシングスクール

sotsugyou.jpg

人生観を変えるほどの貴重な経験ができて感謝しています。(10期 K.Mさん)

西大学院ではたくさんの“ほんもの”に出会うことができました。そして自分達の文化を学ぶことによって“日本人に生まれてきて良かった”と心の底から思えるようになりました。(10期H.Oさん)

西大学院で学ぶことは料理、作法、国際儀礼、芸術、沖縄・・・色々。西大学院で学んだことは大きな希望と自信です。学院に来た最初の頃は1カ月が10年分位の学びをしたような気がしま した。段々と止まっていた時間が動き出して、今の時間に追いつきました。いまでは一日一日があっという間に楽しく過ぎていきます。一日一日が大切に思えるようになったのはこの学院のおかげです。出会いの一つひとつ大切でかけがえのないもの、目に見えない大きく大切なものを教わりました。
本当にほんとうにありがとうございます。ここで学んだことを忘れないで肝に銘じて自分の足でしっかりと歩いて行きます。先生方が灯してくださった光はきっといつまでも輝いていることでしょう。 私もいつか誰かに光を灯せる人になれたら良いなと思います。(10期 F.Hさん)

■ 理事長、八重子先生お元気ですか?武蔵(注:犬の名)も元気にしていますか?ここボストンは雨 続きで暑くて湿気が多く、ムシムシしています。沖縄は夏真盛りですね!新しい学期がスタートしてまた一段とあわただしい日が始まりました。西大学院で過ごしたゆっくりとした朝のティータイムが懐かしいです。あの時間は今考えるととても貴重な時間でした。話は変わりますが、この間サーターアンダギーを作りました。八重子先生から教えていただいたように、一個ずつ手を水に濡らして油で揚げました。ふわふわの美味しいサーターアンダギーができました。友達も美味しいおいしいといって食べてくれました。ここに来て西大学院で学んだことがとても役にたっています。八重子先生ありがとうございます。(6期 J.Kさん)

■ 西大学院の新聞記事を読み、「見つけた!!」と思いました早速、入学案内を取り寄せました。自己表現法や作法、プロトコールなど振り返ってみると今まで誰からも教えてもらえなかった科目がズラッと並んでいます。すぐに『行こう!』と決心し会社に退職願いを出し、学院長の面接試験を受けました。そして入学。今振り返ってみるとあの時の決断は正しかったと思います。(Y.Kさん)

■ 一学期はわりとゆったりとした授業の進行で「楽しいなー、面白い!!」と思っていたのに後半は『私、頑張ってるなー!!』と感じながらの毎日でした。おかげで人前でもビクビクせずに話せるようになりましたし、たくましくなったと母からも言われるようになりました。(4期 M.Yさん)

■ 先輩のAさんが卒業前に「八重子先生、西大学院を作ってくれてありがとうございました」と言ったそうですが、私も同感です。八重子先生はいつも笑顔なのですが、厳しい方です。私たちの悩み事の相談にも遅くまでつきあって下さって本当に感謝しています。八重子先生とお話しをしているとホッとすると同時に、不思議と自信が湧いてきます。(M.Oさん)

■ 私の夢だった「お花に囲まれた仕事」ができるようになったのは西大学院と八重子先生のおかげです。本当に有難うございます。先生に会いたいです。(9期S.Mさん)

■ 学院在学中から友人たちからは、「明るくなって、ひとまわり人間が大きくなった感じだわ」「人に会うのが苦手といっていたのに、今のあなたは堂々として見えるわ」などと言われるようになり、少しずつ自信をとりもどしてきました。(2期 M.Oさん)

■ 理事長、八重子先生、幹先生お元気ですか?毎日子育てに追われています。想像つきませんよね~(^O^) 昨日の沖縄タイムスに載っていた「健康生活」のなかの「茄子の辛味和え」を見つけて、とっても懐かしく、早速夕飯のおかずにしようと茄子を買ってしまいました。夕飯のおかずに困った時なんかは(よくありますけど・・・)調理実習のファイルをパラパラとめくってメニューを決めたりします。 ところで母親になってみて本当に西大学院に通って良かったなぁと思うことが多いです。子育てって、お金をかければいくらでも楽に出来ますが、本当に必要なのは愛情なんだなぁって思いました。もう少し大きくなったら綺麗な器をみせたり、触らせたり、本物をたくさん教えてあげたいなぁと思います。西大学院に行かなければそんな事絶対考えなかったと思います。卒業して時間がたっても西大学院で学んだ事を思い出すことが多く、ためになっていることが沢山有ります。本当に西大学院に通って良かったです。近いうちに娘を連れて遊びに行きます。 (9期 K.Tさん)